ダイエットに食べる順番があった??

こんにちは。けんたくんです。

前回まで2回にわたり「糖質制限ダイエット」について

詳しくご説明をしてきました。

日本人だから「糖質制限」が結果が出やすいことと

制限するのは「糖質だけ」で、他の栄養は摂らないと

返って痩せにくくなることはお分かりいただけたと

思います。

 

次に重要なのは「食べる順番」です。

せっかく好きなごはんやパンを減らしても

順番が違っていたら努力が半減してしまいます。もったいない…。

 

ズバリ

「ごはんは一番最後に食べる」です!

 

まず、副菜から食べます。

次に「メイン」のおかずです。

最後に主食です。

ごはんだけでは進まないという方は

ごはんのお供分だけ副菜を残しておくのも

いいかもしれません。

 

私が子供のころは、学校給食で「三角食べ」

をしなさいと教育されたものです。(歳がバレる笑)

なので、この一品食いは非常に抵抗があるのですが、

目的がダイエットなので致し方ない…と。

 

とにかく、血糖値をグンッと急上昇させないことが

コツらしいのです。主食は言うまでもなく糖質なので

空腹の中に早い段階で入れてしまうと、血糖値の急上昇を

招いてしまいます。急上昇させるとインスリンの分泌も多く

なるんだとか。

インスリンは血液中の過剰なブドウ糖を脂肪細胞に取り込みます。

そうすることによって、血糖値は下がります。

脂肪細胞に取り込まれたブドウ糖は中性脂肪となり体内に

蓄積されるのだそうです。

中性脂肪は飢餓状態に耐える時のための備蓄エネルギー

のようなものですが、今のご時世、遭難事故にでも

会わない限り、飢餓状態になることはほとんどないので

過剰な脂肪となって貯金され続けます。なので、炭水化物を減らして

インスリンの分泌も減らして中性脂肪の備蓄を防ぐという

理屈になるだそうです。

先に副菜を食べることは血糖値の急上昇防止にかなり

効果的だということです。しつこりですが

「ごはんは最後」です。

 

では、なぜ、逆に血糖値の上昇が穏やかなほうがダイエット向き

かというと、ある意味「燃費」が良くなるからだそうです。。

つまり、穏やかに上がって穏やかに下がるほうがお腹が空くまでの時間が

稼げるらしいのです。お腹が空くまでが長いということは食べなくて済む

ということです。間食をしなくてもいられるということにもつながりますね。

 

血統値の急上昇は、逆に血糖値をすぐ下げる作用になり(インスリンが大量に

分泌)、結果、またお腹が空いたと感じ、間食をし、そして、その間食が糖質の塊

(クッキー、ジュース等)だとまた急上昇を招きと、ダイエットとは真逆の

行動を取っていることになるのです。

急上昇=中性脂肪の貯金がどんどん貯まる(お金ならいいのに…。)

昼食はどうしても炭水化物の摂取がオーバー気味になります。(丼物、ラーメン、

おにぎり、パン)

なので、効果的な食べる順番があるということを知っているといないとでは

自ずと結果は分かれてきますね。

 

投稿者: 古谷 郷恵

川崎在住22年。9月26日生まれ。てんびん座。B型。家族構成(夫・娘2人・犬2匹・猫2匹)Dlifeでアメリカドラマ(メンタリスト・ウィスパー・ボディオヴプルーフ)を観るのが今の楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です